業務内容

土地の測量・登記

・現況測量     土地の現状を測量します。

・境界確定測量   土地を測量し、官・民境界を確定する業務です。

・高低差測量    隣地との高低差、敷地内の高低差、建物の高さ等を測量します。

・真北測量     北には磁北と真北があります。建築の際の日影図作成の為の真北の測定を行います。

・位置指定道路申請 分譲地等で新しく道路が造られる場合、特定行政庁から指定等を受け、建築基準法上の道路になる手続きを行います。

・土地分筆登記   一筆の土地を二筆以上に分ける登記です。

・土地合筆登記   分筆登記の逆で複数筆の土地を一筆にする登記です。

・土地地積更正登記 登記されている面積と、実際の面積が異なる場合に登記記録を実際の面積に修正する登記です。

・土地地目変更登記 土地の利用状況が変わった時にする登記です。例えば、畑を造成し家を建てた場合〈畑〉から〈宅地〉への変更に成ります。

建物の測量・登記

・建物表題登記    一戸建ての住宅や店舗、賃貸アパートなどの建物を新築した時にする登記です。

・区分建物表題登記  分譲マンションなど、一棟の建物を区分して所有する形態の〈区分所有建物〉を新築した時にする登記です。

・建物表題部変更登記 建物を増築し、床面積が増えたり、建物の用途を変更した時にする登記です。
           物置などを増築した時もこの登記が必要です。

・建物滅失登記    建物を取り壊したり、焼失した時にする登記です。